【朗報】背中脱毛を泣かずに短期間で済ませる方法とは?

背中を脱毛するなら選ぶ方法が大事!

背中の脱毛を考えているのならば、自分に合った脱毛方法を見つけることが大切です。

 

ビキニ姿の女性の背中

 

そうすれば、脱毛は痛みに耐えるのが当たり前…、そんな過去の常識とは関わらずに過ごせます!

 

最初の選択を間違わなければ、あなたもきっと気分良く脱毛期間を過ごせることでしょう。

 

早めに満足できる可能性が高いIPL脱毛

 

インテンスパルスライト

 

IPL脱毛は、インテンスパルスライトという特殊な光を毛乳頭に当てて脱毛を促す仕組みになっています。

 

レーザーと似ていますが、レーザーよりも光が広く拡散されるため刺激が少ないです。

 

ただ毛根にある毛乳頭に光を当てるため、多少の痛みは覚悟しておきましょう。

 

バチンバチンとゴムで弾かれる感じで、皮膚が薄い部分とか骨に近い部分とかは多少の痛みは覚悟です!

 

その分、IPL脱毛とは違ったアプローチ方法で脱毛を促すSSC脱毛やSHR脱毛よりも、早い段階で脱毛を実感できる可能性が高いです。

 

またメラニンに反応するため、濃いムダ毛や太いムダ毛で悩んでいる方ほど満足度が高くなるでしょう。

 

(背中に関しては産毛がメインになる為、IPL脱毛はその点でミスマッチかも…)

 

肌の手入れも一緒にできるSSC脱毛

 

スムーススキンコントロール

 

SSC脱毛は肌にビーンズジェルを塗り、そこにクリプトンライトという光を当てて脱毛を促す脱毛方法です。

 

毛根に光によって働きかけるのではなく特殊なジェルと光が反応することで、抑毛や脱毛を促します。

 

そのためデリケートな部位は少し痛みを感じることがありますが、IPL脱毛よりは痛みは軽減されると言われています。

 

またSSC脱毛で使われるジェルには、多くが「沈静作用」や「保湿作用」のある成分も含まれているため、脱毛のついでに美肌ケアも行うことが可能です。

 

IPL脱毛よりも施術時間が短いことがほとんどなので、忙しい方も脱毛する時間を作りやすいです。

 

痛いのは嫌という方にはSHR脱毛

 

スーパーヘアリムーバル

 

毛の種を作るバルジ領域に60℃ほどの低い温度の光を当てて、脱毛や抑毛を促すのがSHR脱毛です。

 

従来のIPLやSSC脱毛だと100度近くの温度が必要となります。

 

表皮に近い部分に働きかける上、他の脱毛方法の光よりも温度が低いので、痛みはほとんどありません。

 

今まで痛いのが嫌で脱毛に踏み切れなかった方も、この方法ならば安心して脱毛できるでしょう。

 

まさに脱毛で泣く時代は終わりです。

 

コーヒーが入ったマグカップを皮膚に押し当てている、しかもジェル越しなので殆どお風呂のお湯に浸かっているような、そんな感覚に近いです。

 

またメラニンに反応する仕組みではないため、日焼けをした肌やホクロにも照射することが可能です。

 

背中に多い産毛に関しても、SHR脱毛なら余計に回数を重ねる必要なく脱毛を進められます。

 

(従来の光脱毛だと、産毛にはメラニンが少ないため余計に回数を重ねる必要がある)

 

その上毛周期に関係なく脱毛できるので、他の脱毛方法よりも「短期間」で脱毛を終了することができます。

 

背中はVIOや顔などの皮膚が薄い部位よりは、痛みを感じにくいかもしれません。

 

しかし照射範囲が広いので、なるべくストレスを感じずに施術が受けられる脱毛方法を選んだほうが良いでしょう。

 

背中脱毛におすすめなのは、痛みが少ないSSCもしくはSHR脱毛です♪

 

背中脱毛サロンランキング

背中だけ脱毛するより全身脱毛のほうが良い本当の理由とは?

とりあえず背中の脱毛だけしよう!と考える方もいるかもしれません。

 

全身脱毛

 

しかし背中だけ脱毛をすると、後で後悔する可能性が高いです。

 

その理由を以下で見ていきましょう。

 

背中だけ脱毛するよりも全身脱毛のほうがコスパは良い!

 

ほとんどのサロンでは、背中を複数のパーツに分けて脱毛を行っています。

 

例えば、背中の上部や下部というようにです。

 

ですから手頃な料金の部位別の脱毛プランがあったとしても、2倍の料金を支払わなくてはいけません。

 

1回3,000円の部位別プランがあったとすると、背中の上と下の両方を脱毛する場合は1回6,000円が必要になるということです。

 

6回施術を行うとすると、60,000円を支払うことになります。

 

全身脱毛の場合は、数十カ所の脱毛ができて90,000円台〜100,000円台というサロンが多いので、費用だけ見れば少し高いですがコスパは断然全身脱毛のほうが良いです。

 

うなじやお尻などとの境目にムラが出来る可能性大!

 

うなじからお尻にかけてのムダ毛は、うぶ毛のような細い毛が多いです。

 

しかし毛が密集していることもあるため、その場合はうぶ毛のような毛であっても目立ちます。

 

そのような状態で背中だけ脱毛をすると、うなじやお尻の境目が余計にはっきりと目立ってしまうでしょう。

 

お尻は普段隠すことができますが、うなじは襟元から見える可能性が高いです。

 

後でそのことに気が付いて追加でうなじやお尻の脱毛を行うと、費用が高くつくことがほとんど…。

 

ですから、はじめから全身脱毛を選択するのがおすすめです。

 

全身脱毛は負担が大きいという考えはもう古い!?

 

少し前までは、全身脱毛にかかる時間が2時間以上かかるのが一般的でした。

 

しかし最近は色々な脱毛方法や脱毛機器が誕生しているため、従来の約半分の時間で全身脱毛を行うことが可能です。

 

施術時間は脱毛方法や脱毛機器によって違いますが、SSC脱毛は大体60〜90分で全身脱毛が終了します。

 

SHR脱毛の場合は40分ほどと、さらにスピーディーです。

 

また毛周期を気にせず脱毛できるため、最短で約1年で全身脱毛を終えるケースも多くあります。

 

これくらいの時間や期間で終了するのならば、全部まとめて脱毛してもらったほうがお得に感じるのではないでしょうか?

 

背中は脱毛範囲が広く複数のパーツに分かれるため、費用が高くなりがち。

 

ですから他の部位のムダ毛も気になる方は、全身脱毛を選択肢の中に含めるのがおすすめです。

 

背中脱毛サロンランキング

脱毛サロンか医療脱毛か?痛みや費用、背中脱毛の場合はどちらがおススメか?

脱毛サロンと医療クリニックのどちらで背中脱毛をしようか、悩む方もいるでしょう。

 

2者択一に迷う女性

 

痛みの感じ方や費用の違いを見比べれば、決断しやすいと思います。

 

脱毛範囲が広いならサロンがおススメ!

 

医療脱毛は照射レベルの高いレーザーを当てることができるため、早い段階で効果を実感しやすいというメリットがあります。

 

しかしその分痛みを感じやすく、皮膚が薄い部位は特に痛みを強く感じる方が多いです。

 

私はワキに医療脱毛を当てた経験がありますが、涙が出るくらい痛かったです。

 

ですから脱毛部位の範囲が狭いのならば何とか痛みに耐えられる可能性が高いため、医療脱毛でも大丈夫でしょう。

 

ただ背中のように脱毛範囲が広い場合や、全身脱毛のように複数の部位の脱毛を行う場合は、痛みが少ない脱毛サロンがおススメです。

 

特にSSC脱毛やSHR脱毛は痛みを感じにくい脱毛の仕組みになっているため、脱毛範囲が広くてもリラックスして施術を受けられるでしょう。

 

脱毛期間と費用を比較しよう

 

一般的に医療脱毛とサロン脱毛では、医療脱毛のほうが脱毛完了までの期間が短いです。

 

医療脱毛だと大体1〜2年ほどで終了するケースが多いですが、サロン脱毛の場合は大体2〜3年は必要です。

 

ですから短い期間で脱毛を終わらせたいというのならば、医療脱毛が向いています。

 

ただ費用は、サロン脱毛のほうが安いのが一般的!

 

背中脱毛の料金だけ比較すると、3倍ほどの差があります。

 

ですからなるべく費用の負担を軽くしたいと考えているのならば、脱毛サロンがおすすめです。

 

またサロンでは脱毛を行うときに保湿成分入りのジェルを使用したり、アフターケアに保湿を行ってくれたりすることが多いです。

 

美容エステの要素も兼ねているところが多く、美容室間隔で女性には人気が高くなっています。

 

そのため脱毛プラス、肌ケアも一緒に行えるというメリットがあります。

 

まずは何を重要視するのかを、明確にすることが大切です。

 

その上で今回紹介した点を見比べれば、どちらが良いか判断しやすくなるでしょう。

 

背中脱毛の範囲と脱毛完了目安とは?

背中と言っても、どの部分からどの部分までが背中に含まれるのかハッキリわからない方が多いでしょう。

 

背中の上部と下部

 

ここでは背中の範囲と合わせて、脱毛が完了するまでに必要な施術回数の目安も紹介していきます。

 

背中の範囲はサロンやクリニックによって様々

 

多くのサロンでは、背中を上部と下部の2カ所に分けて脱毛を行っています。

 

背中上部には、うなじは含まれていません。

 

肩の辺りから肩甲骨の下の辺りまでを、上部としていることがほとんどです。

 

下部の範囲は、大体肩甲骨の下の辺りからウエストまでです。

 

一方多くの医療クリニックでは、これらを全て含めて背中としています。

 

部分脱毛を行う場合は、上部や下部のようにパーツが分かれていると費用も2倍かかるので、はじめによく確認しましょう。

 

脱毛完了の目安もサロンとクリニックでは異なる

 

脱毛完了までに必要な回数は脱毛方法によって変わる他、個人差もあります。

 

ただサロンの光脱毛の場合は、大体10〜18回くらいが目安です。

 

一般的な脱毛方法の場合は2ヶ月に1度通うことが多いので、2〜3年ほどかかります。

 

毛周期に関係なく通えるSHR脱毛の場合は最短で2週間に1度脱毛ができるため、1年ほどで脱毛を完了することも可能です。

 

一方医療クリニックでは照射威力の強いレーザーを使用するため、6回ほどで満足する方が多いです。

 

2ヶ月に1度の脱毛が一般的ですが通う回数が少ないため、期間も1〜2年ほどとサロン脱毛よりも短くなります。

 

細かい範囲はサロンや医療クリニックごとに違うので、カウンセリングの時によく確認しましょう。

 

また脱毛完了までに必要な回数も人によって違うので、スタッフに背中を実際に見てもらって必要な回数を教えてもらいましょう。

 

背中脱毛サロンランキング

今の時代の賢い脱毛サロンの選び方とは?

数あるサロンの中から、自分に合ったサロンを選ぶのはとても大変です。

 

大事なポイント

 

納得のいくサロンを選ぶためのポイントをいくつか紹介するので、それらのポイントに注目して選んでみましょう。

 

背中脱毛プランや全身脱毛プランに力を入れている

 

背中脱毛を考えているのなら、やはり背中のみの脱毛プランが用意されているサロンが良いです。

 

特に背中脱毛に力を入れているサロンは料金がリーズナブルなことが多く、はじめての方も気軽に脱毛ができるからです。

 

またそれだけでなく全身脱毛にも力を入れていれば、より安心感があります。

 

脱毛範囲の狭い場所や皮膚の薄い場所など、様々な部位に対応できる脱毛方法や脱毛機器を用いているということになるからです。

 

もしカウンセリングをしている中で全身脱毛に気移りしたとしても、お得なプランが用意されていることが多いので費用の心配も少ないです。

 

アプリやLINEで予約が取りやすくなっている

 

脱毛サロンは予約が取りにくいという話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

しかし最近は、予約が取りやすいシステムが準備されているサロンも増えてきています。

 

例えば専用のアプリやLINEなどで、予約できる日を確認したり、そのまま予約をしたりなどです。

 

空いている日時がわかるので、自分の予定と照らし合わせながらじっくりと施術日を決めることができます。

 

特に専用アプリは時間を気にすることなく予約や変更、キャンセルができるので便利です。

 

オプション代をチェック!

 

施術日当日にムダ毛を剃り残した場合の「シェービング代」や「キャンセル代」も、よく確認しておくことが大切です。

 

特に背中は処理しにくい場所なので、よく確認する必要があります。

 

ほとんどのサロンでは背中やうなじなどの手の届きにくい部位に限っては、無料でシェービングしてくれます。

 

ただそれ以外の場所は1,000〜1,500円ほどの料金が発生するか、剃り残した部位を除いて脱毛するかのどちらかになることが多いです。

 

キャンセル代は決められた日時までに連絡をしないと、1,000〜3,000円の料金がかかることが多いです。

 

また、1回分消化扱いになることもあります。

 

しかし中にはいつキャンセルをしても何のペナルティがないサロンもあるので、頻繁に予定変更の可能性がある方はそのようなサロンを選ぶと良いでしょう。

 

プランの料金にはどこまで含まれているのか、よく確認することが大切です。

 

脱毛範囲や無料で行ってもらえるシェービングの範囲などの細かい点はサロンによって違うので、カウンセリングの時にハッキリさせましょう。

 

大手であれば公式HPでオプション代金については丁寧に解説されています。こちらも事前によく確認するようにしましょう。

 

背中脱毛するときの脱毛サロンでの服装や態勢は?

はじめて背中脱毛をするときは、どんな格好で施術を行うのだろうと不安になるでしょう。

 

サロン通いの女性

 

施術のときの「服装」や「体勢」を、ここで詳しく説明していきます。

 

サロンでは用意されている施術着に着替えればOK

 

背中全体の脱毛を行う場合は、サロンに用意されている施術着に着替えるケースが多いです。

 

ショーツを履き替える必要がある場合も、用意されている紙ショーツに履き替えればOK。

 

背中の上部だけの脱毛を行う場合は、上の洋服だけ着替えて施術を行うこともあります。

 

施術終了後は肌がデリケートになっているため、施術を行う日の私服は肌に優しい素材やデザインのものが良いでしょう。

 

例えばコットン素材の大き目のTシャツなどです。

 

またなるべく背中に刺激を与えないように、ブラトップの洋服を身に付けるのがおすすめです。

 

うつ伏せだから恥ずかしくない

 

はじめて脱毛をする場合は施術中に「仰向け」だと緊張したり、脱毛部位によっては恥ずかしかったりするでしょう。

 

しかし背中脱毛だけ行う場合は終始「うつ伏せ」の体勢なので、緊張感や恥ずかしい気持ちをそれほど感じずに済みます。

 

シェービングが必要な方は、まずシェービングを行ってから光やレーザーを当てていきます。

 

ジェルが必要な脱毛方法では光を当てる前に背中全体にたっぷりとジェルを塗るため、冬は少し寒く感じるかもしれません。

 

(ちなみにミュゼなどは、以前は冷たいジェルで寒さを感じたのですが、改良されて常温のジェルが使われるようになっています)

 

初回は施術に30分以上かかるのが一般的なので、その間はうつ伏せのままじっとしていましょう。

 

アフターケアが付いている場合は、脱毛後にクリームやジェルを塗って保湿ケアをしたら終了です。

 

あらかじめ施術中の服装や体勢を知っていれば、不安な気持ちも和らぐはず。

 

脱毛方法によっては痛みをほぼ感じないこともあるので、施術中もリラックスできるでしょう。

 

背中脱毛サロンランキング

女性が背中脱毛することで得られる具体的なメリット・デメリットとは?

背中脱毛を考えるときは、メリットのほうにばかり注目してしまいがちではないでしょうか?

 

メリットとデメリット

 

しかしデメリットにも、しっかり目を向けることが大切です。

 

やっぱり魅力的な3つのメリット

 

背中にムダ毛があると、皮脂や汗がムダ毛とくっついて雑菌が溜まりやすくなります。

 

そのため、背中に吹き出物ができて悩む女性は多いです。

 

ムダ毛を処理すると、皮脂や汗を留めておくところがなくなるので雑菌が溜まりにくくなり、吹き出物の悩みも減少します。

 

また、セルフ脱毛の煩わしさからも解放されます。

 

今まではセルフ脱毛をし忘れたために、着たい服を着られなかったこともあるでしょう。

 

でもサロンなどで背中脱毛をすればニキビやムダ毛を気にすることなく、いつでも自信を持って背中の大きく開いた洋服や水着などを着ることができます。

 

3つのデメリットも把握しよう

 

吹き出物ができにくくなる一方、脱毛後は一時的に毛包炎などの肌トラブルが起こりやすくなるというリスクも潜んでいます。

 

脱毛後のデリケートな状態の毛穴に、雑菌が入り込むのが原因です。

 

汗や皮脂の多い部分に発症するケースが多いため常に背中を清潔に保ち、化粧水などで保湿を行うことが大切です。

 

また背中は広いので、他の部位よりも脱毛の回数が多くなりがち。

 

うぶ毛のような細くて色の薄いムダ毛が多いという特徴もあるため、脱毛法によっては平均の脱毛回数よりも多く通うことを覚悟しておいたほうが良いです。

 

痛みを感じるというデメリットもありますが、サロン脱毛の場合はそれほど心配する必要はないでしょう。

 

痛みの少ない脱毛方法を選択すれば、より痛みの心配は少なくなります。

 

あらかじめデメリットを把握しておけば、実際にその場面になったときも慌てずに済みます。

 

しかしデメリットは前もって準備することで防げることが多いので、実際にはメリットを実感することのほうが多いでしょう。

 

背中脱毛サロンランキング

背中脱毛の効果を最大限に引き出すアフターケア方法とは?

ほとんどのサロンでは、脱毛をスタートさせるときにアフターケアの方法を教えてくれるでしょう。

 

背中ケア

 

しかし指示がない場合はケアを行わずにトラブルになることも考えられるので、正しいアフターケアの方法を理解して実践することが大切です。

 

脱毛前も脱毛後も保湿をすることが重要

 

脱毛を行うときは、肌を乾燥させないように気をつけなくてはいけません。

 

乾燥している状態に光やレーザーを当てると、火傷をしてしまう可能性があるからです。

 

ですから脱毛前や後には、必ず化粧水とクリームなどを使って保湿を行いましょう。

 

背中は手が届きにくいので、化粧水はスプレータイプのものを使用するのがおすすめです。

 

クリームを塗るときは、まず手の平や甲にクリームをたっぷり浸透させてから背中につけるとつけやすいです。

 

それでもつけにくいと感じる場合は、孫の手のような形をした専用のアイテムがあるので、そのようなアイテムを利用すると良いでしょう。

 

入浴中も乾燥しないように気を配ろう

 

シャワーを浴びるときやお湯に浸かるときに、熱いお湯でないと満足できないという方は注意が必要です。

 

熱いお湯を浴びると必要な皮脂まで洗い流されてしまうため、乾燥しやすくなります。

 

ですからせめて脱毛期間中だけでも、ぬるま湯で我慢しましょう。

 

またボディソープをセラミドなどの保湿成分が入ったものにすると、入浴後でもしっとり感をキープすることができます。

 

背中を洗うときにゴシゴシと力を入れて洗うと乾燥の原因になるので、優しく洗うようにしてください。

 

その際ボディブラシやナイロン製のボディタオルを使うのは、あまりおすすめできません。

 

どうしても肌への刺激が強くなるため、シルクのタオルや普通のタオル、手などを使って優しく洗いましょう。

 

とにかく、乾燥させないことが重要です!

 

肌荒れが酷くなると、脱毛の進行にも支障が出てしまい余計に期間がかかってしまいます。

 

肌に潤いがあると光やレーザーが通りやすくなるため、脱毛効果も変わってきます。

 

背中脱毛サロンランキング

産毛は脱毛回数が多くなる?脱毛の仕組みと背中産毛の関係とは?

産毛の脱毛は、普通の毛よりも脱毛回数が多くなるのが一般的です。

 

しかし同じ毛なのに、なぜ脱毛回数に差が出てしまうのでしょうか?

 

産毛に反応しにくい脱毛方法だから脱毛完了までに時間がかかる

 

医療クリニックやサロンで一般的に行われているレーザー脱毛や光脱毛は、黒いメラニンに反応して脱毛を促す仕組みです。

 

そのためワキやVIOのように太くて黒い毛には反応しますが、産毛のように細くて薄い色の毛には十分な反応が期待できません。

 

背中に黒くて太い毛が生えているケースは珍しく、ほとんどが産毛のような細い毛です。

 

ですから脱毛回数は、ワキなどの黒くて太い毛が生えている部位よりも多くなることを覚悟しておきましょう。

 

例えばサロンで脱毛をした場合、12〜16回くらいで完了するのが一般的ですが、背中の場合は18回以上施術が必要になることも多いです。

 

SSC脱毛やSHR脱毛なら産毛にも効果的!?

 

SSC脱毛やSHR脱毛は、メラニンに反応する脱毛方法とは異なる脱毛方法です。

 

SSC脱毛はジェルと光が反応して抑毛が期待できる脱毛方法ですが、ジェルが毛穴の中にもムラなく浸透するため産毛のような細い毛にも働きかけてくれます。

 

またSHR脱毛は、毛を作っている毛包に低温の光を当てて脱毛を促す方法です。

 

毛を作っている部分に働きかけるため、産毛や金色の毛にも効果的です。

 

さらにSHR脱毛は毛周期を気にせずに脱毛できるので、他の脱毛方法よりも脱毛期間を短縮することができるでしょう。

 

このように脱毛方法によっては、他の部位と同じくらいの脱毛回数で脱毛が完了することもあります。

 

ですから背中の脱毛方法を選ぶときは、慎重に選びましょう。

 

背中脱毛サロンランキング

背中脱毛のきっかけは挙式!?ブライダル脱毛を検討している女性が気を付けること3選とは?

ウェディングドレスの多くは背中が大きく開いているため、挙式前に脱毛をしようと考える方は多いです。

 

ドレス背中

 

しかしブライダル脱毛では、いくつか注意しなくてはいけない点があります。

 

一生に一度の大切な日を気持ちよく過ごすためにも、注意点を意識してブライダル脱毛を行ってくださいね。

 

早めに肌に合うか否かをチェックしよう

 

脱毛サロンでは皮膚の内側に化粧品などを垂らして行うパッチテストではなく、光を当ててトラブルの有無を調べる照射テストが行われます。

 

人によっては炎症を起こしたり湿疹ができたりすることもあるため、必ず照射テストしてもらいましょう。

 

ほとんどのサロンではカウンセリングのときに照射テストを行いますが、サロンによっては照射テストがないこともあります。

 

いきなり脱毛をはじめて万が一皮膚トラブルが起きた場合、脱毛時期によっては跡が消えないこともあるでしょう。

 

ですからブライダル脱毛を行うときは、照射テストが受けられるサロンでなるべく早めに肌に合うか否かをチェックすることが大切です。

 

挙式ギリギリに脱毛するのは止めよう

 

挙式を機に本格的に脱毛をしようと考える方は、6回や12回などの脱毛回数が決まったプランを契約することが多いでしょう。

 

その場合は挙式の1年以上前からスタートして、挙式の1週間前までには脱毛を完了させるのが理想的です。

 

挙式の前日や前々日などに脱毛を行うと、万が一炎症などが起こったときに回復する可能性が低いからです。

 

今まではトラブルがなくても、ホルモンバランスなどの関係で炎症や湿疹が起こることもあります。

 

挙式が近くなると、緊張とストレスでホルモンバランスも乱れがちになります。

 

ですからゆとりを持って脱毛が完了できるように、サロンのスタッフと相談しながら計画を立てましょう。

 

ドレスのデザインと脱毛部位は合っている?

 

サロンでは背中の上部や下部のように脱毛パーツが分かれているため、その中から脱毛範囲を選ぶことになります。

 

例えば脱毛費用が勿体ないからと背中の上部だけ脱毛を行うと、ドレスを着たときに脱毛していない部分との境目が目立ってしまうことも…。

 

挙式では参列者の近くを歩くこともあるため、境目がある場合はそれがばれてしまうでしょう。

 

ですからどれくらい背中が見えるのかをよく確認して、脱毛範囲を決めることが大切です。

 

安心してドレスを着たいのならば、背中全体とうなじを合わせて脱毛することをおすすめします。

 

挙式当日に後悔しないためには、ゆとりを持って計画を立てることが大切。

 

そうすれば背中の大きく開いたウェディングドレスも、自信を持って着ることができるでしょう。

 

背中脱毛サロンランキング

背中脱毛の自己処理方法(シェービング、脱毛ワックス、家庭用脱毛機)

お金や時間をかけたくないからと、自分で背中脱毛をしようと考える方もいるでしょう。

 

電気シャーバーを持つ女性

 

しかし背中は手が届きにくいので、自己処理はハードルが高いです。

 

シェービングは背中専用のアイテムを利用しよう

 

シェービングは、最も気軽にできる自己処理方法ではないでしょうか?

 

しかし背中は見えにくく手も届きにくいので、剃り残しをしやすいです。

 

またカミソリを使用する場合は、作業中に刃の向きがわからなくなり皮膚を傷付ける可能性もあります。

 

ですから持ち手が長くなっている、背中専用の電動シェーバーを使用するのがおすすめです。

 

そのようなアイテムなら背中全体にも楽に手が届く上に、皮膚を傷付ける心配もほぼありません。

 

ただいきなりシェービングをするのではなく、シェービングクリームを背中全体に塗ってからシェービングすることが大切。

 

ジェルよりもクリームのほうが、塗れていない部分がわかりやすいです。

 

その後、毛の流れに沿ってシェービングすればOKです。

 

脱毛ワックスは難易度が高い!

 

毛の生えてくるスピードが緩やかになるため、脱毛ワックスは人気が高いです。

 

ただ綺麗に仕上げるためには、シートを剥がす向きや力加減がとても重要!

 

これらを間違えると、痛みが強くなったり酷い場合は皮膚の表面が剥がれたりすることもあります。

 

ですから脱毛ワックスを使用する場合は、なるべく家族や友人などにお願いするようにしましょう。

 

まずワックスを塗る前に必ず汗や水分を拭き取り、肌を清潔な状態にしてください。

 

その後、毛の流れに沿ってワックスを塗ります。

 

ワックスを塗った部分に専用のシートをしっかりと密着させ、商品に記載されている待ち時間が経過したら、毛の流れとは逆の方向に向かって一気に剥がします。

 

剥がすときは水平にして、思い切り剥がすのがポイントです。

 

家庭用脱毛機を使う場合は脱毛前の準備を念入りに!

 

家庭用脱毛機の多くはメラニンに反応するタイプの脱毛機なので、日焼けした背中には照射することができません。

 

またホクロやシミの他、ニキビやニキビ跡なども避けて照射する必要があります。

 

自分で家庭用脱毛機を背中に使う場合は、これらを避けながら作業するのは困難です。非常に神経を使います。

 

ですから事前に鏡を見ながら1つひとつ丁寧に肌色のテープを貼るなどして、肌トラブルが起こらないように準備を万全にしましょう。

 

また照射する前に、保冷剤などでしっかり冷却しておくことも大切です。

 

照射漏れや重複照射をしないように、何度も大きい鏡と手鏡で確認しながら照射しましょう。

 

いずれの自己処理方法も、処理をした後は冷却してから保湿を行うことが大切です。

 

また皮膚がデリケートになっているので、日焼けや熱いお湯に浸かるのは避けましょう。

 

背中脱毛サロンランキング

背中ニキビが酷い場合は脱毛してもらえないのか?

背中は汗をかきやすい上にケアをしにくい場所なので、ニキビができやすいです。

 

背中ニキビ

 

もし背中に酷いニキビができてしまった場合は、施術を受けることができるのでしょうか?

 

ニキビができている範囲によって対応が違う

 

ニキビができている場合は、専用のテープを貼りその部分を避けて施術を行うことが多いです。

 

ただ炎症や痛みが酷いニキビが複数できている場合は、施術を受けることができないこともあります。

 

なぜなら万が一ニキビに当たってしまうと、高温の光の影響で症状が悪化する恐れがあるからです。

 

ニキビ跡の色素沈着が酷い場合も同様です。

 

レーザー脱毛やIPL脱毛は黒い色に反応するため、色素沈着をしている部位に当てると火傷をする可能性があります。

 

ただSHR脱毛は色素沈着をした部位にも照射できる他、炎症が酷くないニキビならばそのまま照射することが可能です。

 

背中脱毛はニキビを防ぐのに効果的

 

背中脱毛をすると毛穴が引き締まり雑菌が繁殖しにくくなるため、ニキビができにくくなります。

 

そのため酷いニキビがあるときは施術を受けられないことがあるかもしれませんが、ニキビが改善した肌にはおすすめです。

 

またIPL脱毛の場合はフォトフェイシャルと同じような波長の光を当てるため、脱毛しながら美肌ケアも行えます。

 

これらの光は毛穴引き締め作用や抗炎症作用が期待できるため、照射回数を重ねるほどニキビができにくくなるでしょう。

 

ただ光やレーザーを当てると代謝が高まるので、脱毛をはじめたばかりの頃は一時的にニキビができることもあります。

 

ニキビができたからと、自分で潰すなどして何とかしようとするのは厳禁。

 

サロンでは状態に応じて適切に対応してくれるので、まずはスタッフにチェックしてもらい判断を仰ぎましょう。

 

背中脱毛サロンランキング

トップへ戻る