夏よりも冬が脱毛のはじめ時?その理由とは?

夏よりも冬が脱毛のはじめ時?その理由とは?

脱毛サロンは一年中施術を行っていますし、新規契約も受け付けています。

 

しかし、一般的には薄着になってムダ毛がきになり始める春から夏にかけて脱毛をはじめる方が多いようです。

 

ただ脱毛のはじめ時は夏よりも冬なので、その理由をご説明していきます。

 

紫外線対策が楽にできる

 

当たり前のことですが、日差しが強くなる夏は薄着になります。

 

例え長袖を着ていても、UV加工された衣服を着用していても、夏の日差しはとても強いため日焼けをしてしまいます。

 

見た目的には特に日焼けをしていなくても、ネックレス焼けや腕時計焼けをすることがあります。

 

脱毛サロンでは、メラニン色素に反応する光を照射して脱毛をします。

 

そのため、紫外線でメラニン色素が発生している状態の肌には施術をしてくれません。

 

ですが冬であれば日差しが弱くなりますし、長袖を重ね着するので、日焼けによる施術拒否のリスクがなくなります。

 

もちろん紫外線対策は1年を通して行う必要がありますが、日焼けをしづらい冬は脱毛のはじめ時なのですね。

 

予約が取りやすい

 

気温が高くなって薄着になると、脱毛をはじめる方が増えます。

 

実際のところ、脱毛の新規契約も春先から増え始め、夏手前がもっとも多いと言われています。

 

脱毛希望者がいっせいに駆け込むのですから、当然ですが予約がすぐに埋まってしまいます。

 

すると毛周期に合わせて施術を受けられません。

 

基本的に光脱毛は、ムダ毛の成長が始まる成長期に施術を行う必要があります。

 

このタイミングがずれてしまうと、どうしても効果が出づらくなってしまうのです。

 

また予約が伸びれば、その分脱毛完了までに長い期間がかかります。

 

冬であれば新規契約者が増える前ですから、希望日に予約を取るのも簡単です。

 

毛周期に合わせて施術が受けられる冬であれば、脱毛もスムーズに進められるメリットもあるのですね。

 

夏よりも冬が脱毛のはじめ時、というのはこのようにちゃんと理由があるのです。

 

ですので、暖かくなってからではなく、寒い時期から肌見せの準備をしておきましょう。

背中脱毛サロンランキング
トップへ戻る