IPL・SSC・SHR・レーザーの4種類で良く表現される痛みの目安とは?

IPL・SSC・SHR・レーザーの4種類で良く表現される痛みの目安とは?

脱毛をしたいけど、痛みが怖くて踏み出せないという方も多いのではないでしょうか。

 

脱毛サロンの公式サイトなどでは、ほとんど痛みがないと記載されています。

 

しかし、クチコミではやはり痛いという意見もあるので、どれぐらい痛いのか、脱毛方法による痛みの目安を見てみましょう。

 

IPL脱毛の痛みは?

 

IPL脱毛はインテンスパルスライトという光を照射するもので、光脱毛やフラッシュ脱毛とも呼ばれる脱毛法です。

 

出力レベルはレーザー脱毛よりも低いものの、一般的に輪ゴムでパチンとはじかれたような痛みと表現されますね。

 

ただ痛みを感じるのは一瞬ですから、我慢できないほどの痛みではありません。

 

SSC脱毛の痛みは?

 

SSC脱毛は、抑毛効果のある成分が配合されたジェルを塗布し、それを浸透させるために光を照射する脱毛法です。

 

毛根組織を破壊して脱毛するのではなく、発毛を抑制することで脱毛をするメカニズムとなっています。

 

そのため、光を照射するといっても痛みはほぼありません。

 

一般的に無痛脱毛とも言われていますから、敏感肌などデリケートな肌の方でも痛みを心配する必要はないでしょう。

 

SHR脱毛の痛みは?

 

SHR脱毛はもっとも新しい脱毛法で、毛根組織ではなくバルジ領域にダメージを与えて発毛を阻害する脱毛法です。

 

バルジ領域は皮膚に近い部分にあるため、弱い光であってもダメージを与えることが可能です。

 

熱量は人肌程度しかありませんから、痛みはほぼゼロと言っていいでしょう。

 

レーザー脱毛の痛みは?

 

レーザー脱毛は脱毛効果が高い分、出力レベルも高いため痛みが一番強い脱毛法になります。

 

  • 静電気のようなバチっとする
  • 太いゴムで思い切り弾かれる
  • 針を刺される感じ

 

レーザー脱毛の痛みの感じ方は人それぞれですが、強い痛みを感じる表現をされるのが一般的です。

 

ムダ毛が濃いほど熱量も大きくなるので、VIOラインやワキなどはかなり強い痛みを感じるかもしれません。

 

痛みに関しては個人差もあるので一概にどの脱毛法が一番痛いとは言えません。

 

しかし、IPL脱毛とレーザー脱毛は慣れるまでは比較的強い痛みを感じると思っておいた方がよいでしょう。

 

ただし痛みの強さは脱毛の効果と比例しますから、効果のことも考えて脱毛方法を検討するのがベストです。

背中脱毛サロンランキング
トップへ戻る