脱毛サロンに通っている途中で妊娠してしまった場合の対処法とは?

脱毛サロンに通っている途中で妊娠してしまった場合の対処法とは?

妊娠中は、体が通常の状態とは変わるので、あらゆる制限があります。

 

妊婦

 

脱毛も例外ではなく、妊娠中は施術を受けることができません。

 

もし脱毛サロンに通っている途中で妊娠してしまった場合、どのような対処をすれば良いのでしょうか。

 

すぐに脱毛サロンに連絡をする

 

妊娠が分かっても、途中で脱毛を止めるのは嫌という方もいるかもしれません。

 

ですが、妊娠をすると肌質が変わるため肌トラブルが起こったり、ホルモンバランスの影響で脱毛効果が出にくくなったりします。

 

そもそも体に負担がかかるため、赤ちゃんへの影響も考慮しなくてはいけません。

 

ですので妊娠してしまったら、すぐに脱毛サロンに連絡をしましょう。

 

妊娠の場合、ほとんどのサロンで休会もしくは違約金なしの中途解約などの対応策を設けています。

 

休会であれば、再開するまでの期間は期限にカウントされません。

 

中途解約となっても、同じ条件で契約できるなど特別措置があるので、そのお店の規定に沿って対処をしてもらいましょう。

 

契約前に確認しておくことが重要

 

基本的には、どこの脱毛サロンでも妊娠したときには特別な措置をしてくれます。

 

ただし休止期間が無制限のところもあれば、期間が決まっているところもあります。

 

無制限であれば、体をしっかり回復させてから再開できるので安全です。

 

しかし期間に制限があると、産後の体調が芳しくない場合は期限切れになってしまうかもしれません…。

 

脱毛は出産すれば通えるというものではありません。

 

一般的に生理が2回以上来ていることなどの条件がついています。

 

期限付きの休会であっても、多少融通は利くかもしれませんが、それでも心配はあるでしょう。

 

ですので、妊娠の可能性がある方は、契約前に妊娠時の対応を確認しておくのがベストです。

 

脱毛サロンで使用する光は、赤ちゃんや母体に悪影響を及ぼすことはありません。

 

しかし妊娠中は肌質やホルモンも変化しますし、つわりなどで体調が崩れやすいです。

 

安全に出産するためにも体への負担を減らすのは大事なことですから、しっかり休める環境を作っておきましょう。

背中脱毛サロンランキング
トップへ戻る